ニュース

辛坊治郎が女性社員にパワハラ?“壁ドン”真相は?本人否定するも新たな記事が!

パワハラ疑惑

2020年1月8日に文春オンライン記事で発覚した、フリーアナウンサーの辛坊治郎さんのパワハラ疑惑!

1月9日に発売の週刊文春でも報じられましたね。

真相はどうなのでしょうか?

週刊文春によりますと、『深層news』の女性プロディーサーが辛坊治郎さんから“壁ドン”の格好で罵倒され心労で会社を休む事態となっていたと報じられています。

この女性は日テレの社員さんだそうです。

ですが、辛坊さん本人はパワハラを否定されているようですね。

 

昔はパワハラされていても我慢するしかなかった時代ですが、今は『それはダメ』だとハッキリ言える時代へと少しずつ変化しつつあります。

ですが、それを証明するにも証人が必要ですし時間がかかってしまうケースも多いです。

今回の疑惑、どこまで真実が見えているのでしょうか?

 

ホテル
櫻井翔が婚前旅行で宿泊したベトナムの五つ星ホテルはどこ?お値段は?嵐のメンバーである櫻井翔さんが、2020年1月16日発売の『週間文春』で、婚前旅行と報じられていましたね。 櫻井翔さんが宿泊された...

 

LINE画像
いきものがかり山下いらないとの声?フライデー・文春の女性問題が原因か?LINE全文も!2020年1月17日発売のフライデーにて、『いきものがかり』の山下穂尊さんの女性への暴行ついて報道されましたね。 衝撃的なニュース...

 

“壁ドン”でパワハラ

週刊文春では、女性プロディーサーが帰ろうとする辛坊さんを呼び止め、番組内容について口論となったと報じています。

その際に女性プロディーサーは辛坊さんに、“壁ドン”をされ罵倒されたそうなのですが、どういう状況だったのでしょうか?

 

「『深層NEWS』の女性プロデューサーが、帰ろうとする辛坊さんを日本テレビの玄関口の車寄せのところで呼び止めた。番組内容について話し合っているうちに、彼女と辛坊さんとの間で口論になったのです」(日テレ社員)

徐々に2人はヒートアップ。押し問答の末、辛坊氏は壁に手をつき、いわゆる“壁ドン”の格好で、彼女を衆人環視の中で「お前なんかいつでも飛ばせる」などと面罵したという。

引用元:文春オンライン

 

これは1月8日に報じられた文春オンラインの記事です。

その後、女性プロディーサーは心労により体調を崩し一時会社を休んでいたそうです。

もう体調は大丈夫なのでしょうか?。゚(゚´ω`゚)゚。

周りの方は、どうか彼女の心のケアをしてあげて欲しいです。真実がどうであれ怖い思いをしたことには変わりはないと思います。

恐怖はなかなか抜けないものですから…。

 

 

辛坊治郎が認めた“壁ドン”

罵倒する際に壁に手をつき、その体制のまま女性プロディーサーを罵倒したとのこと。

 

――壁に手をついて「飛ばすぞ」と脅した?

「人が沢山通るので壁側に寄ってはいた。よく覚えていないけれど、後で他の人に聞いたら『右手を付いていた』と。ただこの歳ですから壁に手ぐらい付くでしょう。でも私が脅せるわけはない。私は出入り業者で、向こうはチーフプロデューサーもいる。どっちが立場が上か、分かるでしょ?」

引用元:文春オンライン

 

『この歳ですから壁に手ぐらい付くでしょう』という言葉には違和感が残ります…。

63歳というご年齢なので、疲れていて無意識に手を付いてしまったのかもしれませんが、インタビューを受けている時は普通に立ったままで話し続けていらっしゃいましたし。

疲れていたといっても、そういった行為は女性側からすれば威圧感もあり不快に思ってしまう場合もあります。

その点は気をつけなければいけなかったのではないか?と思ってしまいますね。

 

 

辛坊治郎が否定した“パワハラ”

1月8日辛坊さんは、Twitterでパワハラはなかったと否定をしています。

かなりお怒りのご様子です。

文春側は、辛坊さんにこの記事を出す前に確認をしたそうです。

そして、そんな事実はないと否定したにも関わらず記事を出されたことに辛坊さんは更に激怒されたとのこと。

 

んー、実際はどうなんでしょうね?

ここまでの内容を見ていますと、辛坊さんもかなり強気で否定していますし、その場にいらっしゃった当事者の方だけの証言なのでどちらの意見が正しいのか判断しかねます。

強気で否定していて、後からやっぱり真実でしたとなっては辛坊さんの立場はもっと悪くなるでしょうし、そのリスクを負ってまで強気で否定することはないと思うんですよね。

 

ですが、女性プロディーサーやその上司が事を大きくしたことにも疑問が生じます。

今回だけのことであれば、会社内で収めようとすることのほうが多いと思います。

『番組の顔』である辛坊さんのイメージもあるので、プロディーサーが番組に不利益なことはしないような気がするんですよね。

となると、そういったことが度々起きていた可能性も考えられます。

 

なのですが、もし本当にそういったことが度々起きていて、本当に公にしようと考えていた場合は録音をして臨まないと証拠不十分となり、女性側が不利になってしまうことも考えられます。

それだけは本当に避けてあげて欲しいことです。

疑問は残りますが、用意していなかったということはここまで事を大きくするつもりは、本当はなかったのかもしれません。

 

認識の違いということも…。

女性プロデューサーや周りの方からするとキツい物言いだったのかもしれません。それを辛坊さん自身が、パワハラだと思っていない可能性もあります。

 

ですが、言葉に関しては辛坊さんも否定されているので、このままいくと『言った言ってない』の水掛け論になってしまいそうな感じですよね。

音声データも出ていないので、確実な証拠がないと言葉の暴力が真実かどうか見分けるのは難しそうです。

 

 

その場にいたのは誰?

辛坊さん以外にその場にいたのは誰だったのでしょうか?

辛坊さんはその場に4人いたということですが、

・辛坊さんご自身

・パワハラを受けたと証言された女性プロディーサー

・番組プロデューサーの男性B氏

・構成作家の方

 

辛坊さんの話からその場にいたのは辛坊さん合わせて4人とのこと。

この内まだ口を開いていないのは、構成作家さんですが…。

立場上、首を突っ込めない状態なのかもしれませんね…。(>人<;)

構成作家さんも、いわば雇われの身。入っていけない状態の可能性も否定できません。

 

ですが、誰かの証言がないと解決しない問題です。難しいところですね。

周りに通行人もいたようなので、証言が他にないことも気になりますが。

これから出てくるかもしれません。

 

 

ここまでが1月8日までの内容なのですが、1月15日新たな記事が文春から出されました!

 

パワハラは事実なのか?

1月8日から1週間。文春オンラインでは1月15日に新たな記事を発表されました!

その内容は、衝撃の事実!!

なぜこんなものが出てきたのでしょう!?

普通であれば、文春さんにいくはずがないのですが誰かが流したということなのでしょうか?

そのあたりも気になりますね。

 

社内報告書の存在

報じられたのは、日テレの『社内報告書』です。

これは、女性プロディーサーの方と番組プロデューサーの男性B氏のそれぞれの報告書。

報告書の作成日は、昨年の12月16日。

事が起きた日は、12月12日とのことでした。

 

この2通の「報告書」によると、辛坊氏は激高したのは、 12月12日の放送終了後、AさんとB氏が辛坊氏に出演者をめぐるトラブルを報告した時だった。

〈これまでの上機嫌な様子が一変し、辛坊氏が「間違ったことは言ってない」と激高した〉(B氏の報告書より。以下B氏)

〈「おまえは何がしたい!」と怒鳴る。「何がしたい」「何がしたい」「何がしたい」と矢継ぎ早に繰り返す。(略)「おまえがそういう解釈するならおまえが馬鹿だからだ」〉(Aさんの報告書より。以下Aさん)

引用元:文春オンライン

 

その罵倒は情勢プロデューサー曰く10分ほどに感じたとのこと。

顔も10センチほどの距離だったと話されていたようです。

そりゃ、男性に10分も詰め寄られ罵倒され続けたら怖いですし心が折れてしまいますよね…。m(_ _)m

 

Aさんは報告書を次のように総括している。

〈言葉を使う仕事でありながら“圧”“暴力”で黙らせられると勘違いしているんだなと思いました。(略)まぶたの裏に顔が思い浮かべ、時間が経つほど張っていた気が緩み、(略)我慢していた分、涙が出ます〉

引用元:文春オンライン

 

よほど、辛かったのだということがわかります。

 

更に、翌日発売の週間文春では、

 1月16日(木)発売の「週刊文春」では、AさんとB氏が書いた社内報告書の内容を公開。「おまえ上祐に似ているな」「おまえら、腐っているな」などの辛坊氏による数々の発言も報じている。また辛坊氏の反論インタビューも詳報する。

引用元:文春オンライン

とのことでした。

 

数々の暴言が出ているようですが、真実なのでしょうか?

報告書と言っても、当事者の方が上司に報告をし作成されたものなので、結局のところ先週の報道から新たに証言された方が増えたというわけではありません。

 

ですが、報告書を作成するまでに至った経緯を考えてみますと、そこまで事を大きくするということは、やはり何かあるのかもしれませんね。

 

 

謝罪はあったのか?

辛坊さんからは、パワハラについては否定されたものの女性プロディーサーに声を荒げたことに対しては謝罪されています。

 

   辛坊さんは、文春の取材に対し、女性社員に声を荒げたことは認めたものの、フリーの立場上脅せるわけがないと反論し、パワハラ行為については否定したという。日テレの広報部は、辛坊さんらの言い方が激しくなった場面はあったと文春取材に説明し、辛坊さんから「ショックを与えたとしたらまったく本意ではなく申し訳なかった」といった内容の謝罪があったと答えたとしている。

引用元:J-CASTニュース

 

脅せるわけがないというのは、辛坊さんが女性プロディーサーに、

『いつでも飛ばせる!』

と発言したと報じられたことを言われています。

辛坊さんとしては、フリーアナウンサーの自分の立場でそんなことを言えるわけがない!と否定されているんですよね。

 

1月8日にも辛坊さんはこう否定されています。

 

 

疑惑の真相は?

正直今の時点では何とも言えない状態です。

ここから、日テレさんがどう動くのかわかりませんが、新たな証言がないと真相はわからないままかもしれません。

 

1月15日の辛坊さんのツイートです。

法廷とありますね。

おそらく辛坊さんは、この件に関して法的拘置をされる予定なのだと思います。

 

 

まとめ

今後どうなっていくのか、辛坊さんや日テレさん、文春さんの対応が気になりますね。

真実がどうなのかはまだわかりませんが、お互いにしっかりとした対応をして頂きたいなと思います。

パワハラに関しては、今色んなところで問題視されていますが、受け取る側が感じることなのでパワハラだと気づいていない方も多いですよね。

悲しいことに故意にされている方もいらっしゃいますが。

今回の騒動を見て、ご自身の行動や言動にも気をつけて頂けるような考えを持って頂ける方が増えたらいいなと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!