未分類

鬼滅の刃作者ワニ先生の由来や本名は?自画像がワニの理由も調査!

wani

『鬼滅の刃』が最終回を迎えましたね。

SNSでもトレンド1位と話題となりました!

約4年3ヶ月の連載、正直言うともっと続いて欲しかったですが、こればっかりは仕方ないですね!(>人<;)

吾峠呼世春先生ことワニ先生の次回作を楽しみに待ちたいと思います!(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

ところで、吾峠呼世春先生がワニ先生と呼ばれているのはなぜか皆さんはご存知ですか?(´∀`=)

先生の自画像がワニの理由本名についても気になるところ!

ということで、知っていらっしゃる方も多いかもしれませんが、ワニ先生の由来について踏み込んでみたいと思います!!(๑>◡<๑)

 

ワニ先生の由来はなに?

吾峠呼世春先生がワニ先生と呼ばれているのは、

作中でのご本人の自画像がワニで描かれているから。

おそらく、ここから『ワニ先生』と呼ばれるようになったのではないかと言われています。

wani

眼鏡をかけたこの独特な感じのワニは、1度見たら忘れられそうにありませんね。笑

 

ワニ2

これも結構好きです。笑

 

作品内でワニ先生は、『鬼滅の刃』の豆知識を教えてくれたりします。(*´꒳`*)

そうやって、作品内にも登場することでだんだん読者も親しみを感じ『ワニ先生』と呼ばれるようになっていったみたいですね。(*´∇`*)

 

 

ワニ先生(吾峠呼世春)が自画像にワニを使った理由は?

では、なぜ『ワニ』を使ったのでしょうか?

ワニが好きだったから?

なんとなく?

実は深ーい意味がある?

 

実は、『ワニ』を使ったのは先生のある気持ちが込められていました。

『読者をがっちり噛んで離さない漫画』

そんな漫画を描くことを目標としているからなんだそうです。

ワニは、食らいついたら離さないと言いますからね。

ワニを噛む力は最強とも言われていて、1平方メートル約260キログラムを計測したこともあるそうです。

最大級の恐竜であるティラノサウルス・レックスにも匹敵した可能性まであるとのこと!!(゚∀゚)

 

それは、もう噛まれたくないですね。笑

 

そんなワニの自画像に『読者をがっちり噛んで離さない』という思いを込めた『ワニ先生』。

思いっきり読者を離さず。(๑>◡<๑)

社会現象となるくらい、読者の気持ちを掴んでいましたね!

最終回を迎えた今も、読者の熱は冷めずまだまだ読者を離してくれないようです。(*´∇`*)

 

 

ワニ先生(吾峠呼世春)の本名は?

ワニ先生の本名はなんなのでしょうか?

『吾峠呼世春(ごとうげこよはる)先生』はペンネームで本名ではありません。

ワニ先生の本名は公開されてないんですよね。

因みにワニ先生の現在のご年齢は31歳。

1989年5月5日生まれです。

 

ネット上では、ワニ先生の本名について色んな考察がされています。

苗字は、『後藤』説。

これが結構多かったですね。

 

下のお名前ですが、小春説も多かったりします。

この画像の先生のサインが、ミノムシの部分実は字を間違えたのでは?という声もあるようです。

間違えたとすると、書き慣れた本名の可能性もありますが、そうなると『晴』ではなく『春』の可能性もありますし、小春説もあり得るのかもしれませんね。(*´∇`*)

 

考察では、

後藤晴子

後藤小春

この2つの説が1番多かったです。(*´∇`*)

 

 

まとめ

ワニ先生と呼ばれるようになった由来と、自画像にワニを使った理由。

そして、先生の本名について書かせて頂きました!

こんなにファンに愛される作品を描かれたワニ先生には、本当に凄いですよね!

先生が愛情込めて描かれた作品だからこそ、人の心に響いたのではないでしょうか。

 

暫くワニ先生の作品を見られなくなる事は悲しいですが、また次作を楽しみに待ちたいと思います!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

kimetsu
吾峠呼世晴(鬼滅の刃作者)の次回作はいつ?鬼滅の刃続編や番外編は?圧倒的な人気を博した『鬼滅の刃』がとうとう最終回を迎えてしまいました! 『鬼滅の刃』はジャンプコミックでしたが、女性にも人気があり...